マクロで楽しむ蓮撮影!

『視線』

葉っぱの陰から
気になる視線!

初夏の代表的な花の一つ、蓮。
蓮というと広い蓮池の遠くに咲いているから望遠レンズでないと撮りにくいイメージ。。。
そんな蓮をマクロで撮る、というとあまり馴染みないかもしれません。

でも蓮池でなくても蓮が撮れるところは意外とあるんですよ!
植物園やお寺に行くと、大きな瓶(かめ)で置いてあるのを見たことがありませんか?
そんな場所の蓮ならいくらでも近づけます。マクロで撮り放題です!
 

背景に光のボケを入れて


一輪の花を、木漏れ日が降り注ぐ木々をバックに。
低い姿勢から見上げるように撮るのが背景のボケを入れるコツです。
 

こちらは蕾。
葉っぱを前ボケにして、ゆらゆら波に揺られているようなイメージで。
一枚目と同じく、木漏れ日のボケを背景にしています。
 

晴れた日には水面を上から覗いてみましょう。
太陽の光が白く反射していれば、こんな光ボケを撮ることができますよ。
 
 

前ボケでふんわりやわらかく


遠くに咲く一輪を。
画面に大きく葉っぱを取り入れて前ボケとしました。
蓮は密集していることが多く、まっすぐ伸びる茎などが画面に入っていると煩雑な印象になりがちです。
そこで、邪魔者は前ボケで隠してしまいましょう。
 

同じく一輪の蕾を、今度は花を前ボケに撮影しました。
画面全体を鮮やかなピンクがふんわり覆って、やわらかい雰囲気に仕上がりました。
 

まるで蕾が葉っぱの傘の下で陽射しを避けているように思えました。
こちらも葉っぱを前ボケに大きく取り入れています。
大きくボカすには、ボカしたいものに思い切り近づくのがコツですよ!
 
 

イメージを写そう


仲良く寄り添った二人を。
手前に前ボケを入れ、背景もシンプルなボケのグラデーションにして、主役の二人を引き立てました。
 

可愛いハートを発見!
でも人によってはカエルちゃんに見えるかも。
そんなふうに見た人それぞれが違う感じ方をする、それも写真の面白さです。
 
 

雨の日は滴日和

蓮の時期は、まだ雨の多い季節でもあります。
雨降りは外に出るのも億劫になりがちですが、雨の日ならではの出会いもありますよ。
 

こちらは花びらにぶら下がった滴。
滴の中に、奥に咲く花を写し出しています。
 

こちらは葉っぱに並んだ滴ちゃん。
雨の日はこのような滴が次々現れては落ちていきます。
そんな様子を見ているのも楽しいものです。
 
 

虫たちと戯れよう

蓮のある水辺では、カエルやトンボなどをよく見かけます。
見つけたらぜひ撮影しましょう!
 

花びらの上で黄昏れているカエルちゃん。
どんな思いにふけっているんでしょうね?
 

「よっ!久々やな!」って挨拶してくれているようなトンボくん。
よ〜く観察してみると、思いがけない表情を見せてくれることがありますよ。
 
 

写真集「花色の息吹」のご案内

四季折々の光や色彩の中で生き生きと命を輝かせている花や虫たちの姿に、
心踊らせ、癒され、幸せを感じています。
そんな心のワクワクがいっぱい詰まった写真集です。

國政 寛 写真集「花色の息吹」(風景写真出版 刊)
180mm×225mm ソフトカバー96ページ
定価 2,500円+税

下記ページにてネット通販受付中です!
https://kuni-hiro.com/order-pb202012
 
 

クニ・ヒロ(國政寛)

6,034 views

大阪在住。マクロレンズで光とボケが織りなす幻想的な世界を描き出すマクログラファー。 クニさんの花マクロ写真塾主宰。 一般社団法人日本写真講師協会認定フォトイ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧