身近な野生動物を撮影する

関西国際空港から一本で行ける、北海道

処理速度が大幅に向上した
FUJIFILM X-H2S」と「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR
この組み合わせだけで今回挑戦してきました。

カメラのグリップは持ちやすく
レンズは1605gということで
安定して持ち歩くことができました。


撮影方法はこの組み合わせ

1:AFの設定をしよう:「AF-C」

2:ドライブモード:CH高速連写

3:被写体検出AF設定:動物


設定はこれだけ!
野生のリスは、動物園とは違って動きまわります。午前中の時間帯に、探し回ります。


エゾリス

樹上性のリスと呼ばれる木の上で暮らす一種で、北海道に生息している品種です。
モフモフとした毛におおわれていて、樹上にいることが多いそうです。

ほらこうやって。

「呼んだ?」


近づいてみましょう。


木の上を見上げていると、木の実を探すリスがこんなふうに見えます。


木をのぼっては、降りての繰り返し。


ずっと走りまわり続けています。


クルミをゲットしたエゾリスさん

おなかが白いのが特徴です。



シマリス

1年の半分以上は、寝て暮らすそうです。

木の上でお食事タイム。植物の実とか、種子とか食べるそうです。


頬袋の限界!

次々と頬袋に詰め込んで、安全な場所に運んでから食べます。
保存がきくものは、地面に埋めてからあとで食べるということもするらしいです。
(でもどこに埋めたのか、よく忘れる)


葉っぱで隠している最中

頬袋に入れては、移動して埋めてを繰り返し。時々もぐもぐ食べてます。


体のお手入れを始めました。



これから始まる冬眠準備にお邪魔してきました。

野生だからこそ撮影できる自然な様子。
画像は加工なしの、撮って出しです。


使用した機材

カメラ:FUJIFILM X-H2S
レンズ:XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR


やまぐち千予

81,723 views

カメラマンアシスタントを経て、2005年独立 光の反射と透過したものをモチーフに作品を撮影 風景、動物、スイーツ、商品や人物、広告撮影まで多岐にわたる 講師...

プロフィール

関連記事一覧